スタイリストの肩書きを得るために

美容室にいってカットをお願いしようとすると、担当の方が居ないという場合にはトップスタイリストとかスタイリストとかいろいろな役職の人から選んで行くことが出来ますよね。
また、美容室のホームページなどを見ていると、トップスタイリストの方のほかにもアートディレクターなんていう肩書きの方もいますよね。

こういった美容室のスタイリストさんたちの肩書きの違いっていうのはなかなか素人めにはどういったところが違うのかが分かりづらかったりするんですよね。
美容院でトップスタイリストとかアートディレクターの違いっていうのはやっぱりカットなりカラーなりパーマなり、ヘアスタイリングのテクニックの差が大きいんでしょうかね。

まだまだ美容師の資格をとったばかりで、いわゆる見習い程度の美容師さんだとお店でお客さんに対してカットなどをすることが出来ないっていうところも多いようですね。
とりあえず、まずはシャンプーやブローのテスト、さらにパーマを巻くときのワインディングのテストなどいろいろなテストをした上で合格点が出て初めてお客さんに対して施術が出来るようになるっていうところも多いみたいです。

なので、そういったテストを合格していると、とりあえずはスタイリストっていう肩書きがもらえるようですね。